新築のコンセントとLAN配線で失敗したくない!

ある程度間取りが固まった頃合いで、家の中の細かい点を決める時期になります。

今回のお話はコンセントの場所や仕様の打ち合わせについて!

ハウスメーカーさんからは

 

ここに冷蔵庫だからコンセントは二口でココに。

ここに洗濯機くるからココにコンセント。

 

という風におおまかなレイアウトをした図面をあらかじめ頂きました。

しかし、私たちには「新築のコンセントで失敗したくない!」という思いがあり、どうしたら失敗を防げるのか!?というのを模索していました。

結論を言うと・・・

実際の生活をシミュレーションをしてみよう!

シュミレーションが大事という結論になりました。

早速、《自分たちが入居した後どのような生活をするか、だからココにコンセントが欲しい》という話を綿密にしました。

そこで決まったことを列挙しますと、

  • 収納棚の中にルンバの充電スペースが欲しい
  • キッチンの対面カウンターでパソコンをする。そのために有線LAN端子と電源が必要。そこでスマホの充電もする
  • 和室(図面では納戸)クローゼット内にハンディー掃除機を置くので充電用とアイロン用に欲しい
  • 書斎内に組立パソコン、AVアンプ、ウーハー、AV器機、プリンター、無線ルーター、ゲーム用のコンセント。消費電力が尋常ではない事も考慮に入れて配電盤から直接配線希望。ほかにインターネットの配線の中枢がここに来るので各部屋へ繋がるLAN端子が欲しい
  • 壁掛けテレビの場所に、コンセントの他、書斎からLAN端子、HDMI端子をつなぎたい(これは結局主人がしてくれました)
  • 玄関に、掃除や季節の飾り(クリスマスツリーなど)にあると嬉しい
  • 脱衣所の折り畳み棚の下に扇風機、ヒーター、アイロン用に欲しい
  • インターホン、ソーラー発電用操作パネル、給湯機のスイッチが入るニッチの内部はそれぞれの形状も考慮にいれてコンセントの位置を要検討
  • シアター用電動スクリーンの折り上げ天井にコンセントが欲しい
  • シアター用プロジェクター用にコンセントが欲しい
  • エアコン用のコンセントは節電の意味も込めてスイッチ付きの物を希望していたので、そのスイッチを触れる高さに欲しい
  • 冷蔵庫のコンセントの高さは冷蔵庫の高さを考えて検討
  • キッチン家電用のコンセントは用途、使用家電を考えて場所と個数を検討

など家のここにこんなコンセントが欲しい!という希望がやはり出てきました。

それらはもちろん、ハウスメーカーさんのプランでは出ていないものです。

逆を言えばこのようなシミュレーションをしていなければ後で後悔していたかもしれないという事ですね。

ホームシアターの話は当初からしてあったので、詳細な打ち合わせは主人任せでしたけどね。

ところで、コンセントの打ち合わせと同様にインターネットの回線についても話し合いましたのでその点にも触れたいと思います。

インターネットの引き込みはどこにしよう?

この話をする前に、主人のことなんですが、主人はパソコンに詳しくて、パソコン専門店のトラブル対応として、店頭や出張の仕事をしていました。

以下はおおよそ彼の経験や体験を聞いて記事にしております。

私たちの新築にあたり、インターネット回線は主人のこだわりで、家の外部から書斎の中に引き込んでもらいました。

私は不得意分野なので素人なりに主人に聞いてみました。

そもそも有線LANと無線LAN、どっちがいい?

有線のメリット

高速で安定して繋がる。

最近では詳細な設定しなくても一度設定すればLANケーブルをつなぐだけでネットにつながること。

ネットゲームや据え置きパソコンには有線が向いていると思います。

有線のデメリット

やはりケーブルが邪魔になる場合があること。

有線LANを各部屋で使いたい場合は、インターネット親機がある部屋から、各部屋への配線がしてあれば、各自の部屋で有線LANが使えます。

ただこれは工事初期の棟上げした後で壁が貼られる前のタイミングに配線を済ませておくのがベスト!

建築後で家中にLANケーブルを引き回すのはものすごく大変になります。

無線のメリット

無線=別名wifi、wi-fi、ワイファイ

LANケーブルに繋げなくてもネットにつなげられること。

スマホ、タブレットなどは言うまでもなく無線LANでしかつながらないですし、ノートパソコンなど場所を移動して使うようであればこれもまた無線が良いでしょう。

最近ではIoT(家電もネットに繋がり、スマホなどと連携が取れる)対応の家電も登場していますのでこれも無線しか選択肢がないと言えます。

無線のデメリット

横に飛びやすいが対角の部屋の途中にある、壁の中の配線などに邪魔され届きにくい。

縦にはそもそも飛びにくい。

そういう弱点があるからだそうです。

また無線が繋がらなくなった時の対応が難しいこともあると思います。

 

結論としては

どちらにも一長一短があるので繋ぎたいものによって変えるべき!

そう考える主人によって、我が家は

通常は無線LANを使用してケータイやiPadなどを使い、私達がパソコンをする場所や将来子供部屋を分けたとき使うと考えた場所には有線LANを配置するという方針に決めました。

パソコン用の場所を有線にした理由は

「電波の調子でパソコンが落ちるのが嫌だから」だそうです^^

 

なぜ書斎の中に引き込む事にこだわったのか?

一般的なアパート、マンション、従来の住居はキッチンの近くや玄関の近くなど、主に家の端っこに引き込まれていることが多いらしいです。

家の端っこに親機がある場合、その対角にある一番遠い部屋にはインターネットの無線が届きにくいことが多いそうです。

これを家の中央に近い書斎に引き込むことで、

有線の弱点である『ケーブルが邪魔というのはもともと壁の中を通して各部屋へ繋いであるので、有線で使いたい時は壁にあるLAN端子にLANケーブルを差し込めば解決します。

また無線の弱点である『遠い部屋は繋がりにくいという点も家の中心に近いところ(書斎)に無線の親機があるので問題ありません。

意外なメリット

そして大きな理由がもう一つありました。

これは主人が仕事先でよく聞いていた話らしいのですが、

キッチンカウンターの近くや玄関まわりに「よくわからないネットの機械」がごちゃごちゃしていてスッキリしない。

さらには自分で触って何かあったらどうにもできない。

だから掃除もしづらい。

そういう考えがあるのかと知り、また私も《スッキリとした家がいい》と伝えていたので

そもそも目に付くところに置かない。でも便利。メンテナンもしやすい。という意味を込めて書斎に設置すると考えてくれました。

私はそれに反対する理由もないのでLANケーブルの書斎引き込みが決定しました!

実際に私がキッチンの目の前のカウンターでパソコンする時は有線LANでしていますが、コンセントのすぐそこにある、LAN端子にLANケーブルを差したらそれだけで繋がります。なんか繋がらない?といったトラブルは皆無ですね!

またそのコンセントには私の要望通り、USB充電ケーブルを刺せる端子があるので、スマホの充電は楽々です!

これは遊びに来た友人たちも、「これ便利ーー!」とすごく喜んでます!

 

しかしそんな我が家のうっかり忘れもの。。。

食卓の近くにもう一つコンセントが欲しかったですね!

焼肉や焼きそば、お好み焼きをしたい時にわずかにコンセントが届かない!!

(リビング可動棚の中にもそれ用にコンセントを作っていましたが、そこを使うと息子の指定席の近くにホットプレートが来てしまうのです。。息子が座りたがる位置まで考えていませんでした(T_T))

これは現在は延長ケーブルで対処してますが、やっぱり延長ケーブルは持ってくるのが面倒です。

シミュレーションはこれでもか!というくらい慎重に、かつ、いろんなシーンを想定しましょう!

この記事が皆様のお役に立てると幸いです!

 

 

読んでくださって、ありがとうございました。

コメント