脱衣所の洗濯動線と収納は最重要課題です!!

こんにちは、れもんです。

今日は、私が家づくりを考えたときにとっても頭を悩ませた《脱衣所》についてお伝えしようと思います。

 

まず!私の自慢の脱衣所をご紹介しますね^^

手前がお風呂の入り口、正面奥が脱衣所の入り口です!

この場所を紹介したくてブログを作ったと言っても過言じゃないくらい考えた場所です。

どうぞお付き合いください !

キッチンと同じく重要視した洗濯動線!

キッチンを「主婦の城」と考える方はとても多いと思います。

私も栄養士として仕事にしているので料理をするのはとても好きです^^

そんな私ですが、キッチン以上に…間取りを決める最初の段階から脱衣所について考え続けてきました。

 

なぜそこまで比重を置いたか…

それは、フルタイム共働きの私達夫婦の中で《時短家事が叶う家》というのが

当初からの要望だったからです。

 

たくさんの家事の中で、自分なりに考えて最も短縮させたかった家事洗濯でした。

嫌いじゃないのですが・・・日常で私が一番後回しにしがちな家事が洗濯なんです。。

だから、なるべく動線を短くして時間を減らしたいと思っていました。

 

料理はたまにでも時間をかけて作りたい。

掃除はルンバが手伝ってくれるし嫌いじゃない!

・・・大きく分けて、問題は洗濯だけだったんです(苦笑)

 

洗濯にかかる手間と時間

どんな手間がかかってる?

皆さんは、洗濯にどれくらいの手間と時間がかかるか考えたことがありますか?

  1. 洗濯する衣類の仕分け(タオルと下着類と洋服とジーンズと・・こだわる人はもっとなのかな?)
  2. 洗濯する
  3. 干す(私は干す時にある程度たたみやすいように分別しています)
  4. 取り込む
  5. たたむ
  6. 収納する

これが、私が考える一連の洗濯動線です。

この作業のほかに、二階で干す場合は毎回階段の昇り降りが発生します。

洗濯物に手を抜きたい私には考えたくない作業です。。

 

主人の実家では、数年前に義母が他界するまでは

二階で洗濯物を干していたそうなのですが、義母の亡き後、義父が家事をするようになると、一階のリビングの隅に干すようになっていました。

それは義父のことを考えるともっともだと思います。

そんな話を聞いて、自分たちの家は将来を考えて使いやすい家にしたいと思いました。

 

そして、重たい洗濯物を持って移動する作業を極限まで減らしたいと考えました。

 

これまでの【私の洗濯動線】

今まで住んでいたアパートでは、

  • 脱いだ衣類を洗濯機に入れる(別に洗うものだけ分ける)→洗濯機スイッチオン
  • 洗濯機から洗濯物を取り出す
  • 外のベランダまで運んで干す(雨の日はリビングの窓際へ)
  • 乾いた洗濯物を取り込みリビングでたたむ
  • 寝室(洋服類)と脱衣所(タオル・下着)に収納する

こんな流れで洗濯をしていました。

 

それぞれの動作は数分で済むことですが、移動が多く

毎日積み重ねると無駄な作業が多いように感じます。

一連の移動はこれまでしょうがない事と思ってましたが、本当にどうにもならないのか・・。

こんなことを考えていくうちに、我が家では洗濯動線の重要度が増してきました。

 

そうして考えた、私の楽ちんな脱衣所

そんなことを考えはじめてから、私が考えた結論は

脱衣所で全てを完結するといいんじゃない 💡 でした!!

 

長くなりそうなので、続きは明日のブログで書こうと思います^^

 

ではでは、読んでくださってありがとうございました!!

 

 

コメント