みなさんは《作業工程表》を貰ってますか?

本当に役に立った《工程表》

ハウスメーカーの担当さんとの打ち合わせの最初のほうで

作業工程についてのプリントを頂きました

f:id:shaconne1:20180616235706j:image

工程表を貰って良かった!

この用紙があることで、いろんなことを先回りして調べることが出来たように思います。

この工程表を貰った頃は、まだ土地の契約も行う前でハウスメーカーさんとの本契約もしてない頃だったと思います。

(実際は、建築確認申請が2ヶ月遅れたので、この日程通りには進みませんでした)

また、貰った段階である程度詳しいこと

(どの日程までに何を決めていかないといけないか)

聞いて書き込んであります。

(〇〇を持ち込みするならこの日までに。とかも尋ねて記載しました)

また、家の建築工事が始まったときには、工務の担当さんにお願いして

工事の工程表も写メで頂きました!

f:id:shaconne1:20180616235720j:image

工程表にはどんなことが書いてある??

この工程表には

  • 上棟
  • 断熱材の充填日
  • キッチン・トイレ・お風呂の設置日
  • 外壁・壁紙・水道工事・電気工事・太陽光発電など各業者さんの作業開始と終了予定
  • 社内完了検査・施主検査・引渡しの日程

などが大まかに分かったので、とても参考になりました!

特に、地鎮祭の前から主人が単身赴任していたので

主人に建築工程を伝える意味でも、とても頻繁に現場に足を運んでいたと思います。

相乗効果♪

工程表を貰ったことで、自分たちが決めることに対する期日が分かり

大まかな工事日程も分かったので、現場に足を運んで現場の方とたくさん話をすることが出来ました。

そのおかげで、

現場の棟梁さんと

ハウスメーカーの営業さん・工務さん・IC(インテリアコーディネーター)さん、

私と主人とで

認識が違っていた所や現場に上手く伝わってなかったことなどを

何ヶ所も見つけることができました。

 

どういうところが違っていて、私(施主)が確認して判明したか

カウンターの高さや出幅の違い

スイッチの高さや個数の違い

電気配線・照明の間違い

ホームシアター(スクリーン)の入れ幅の間違い

稼動棚の奥行きの違い

エアコン用配管の位置修正

洗濯機の配水管の位置修正

などなど・・・。これらは全て修復が可能な段階で気づくことが出来ました!

仲良くなったから出来たこと?

また、話をしている中で

ニッチの追加

玄関収納の高さの修正

・アンプ棚に作りつけの棚部分を追加

壁補強の追加

・太陽光発電のパワーコンディショナと分電盤の位置について現場で相談、修正

脱衣所に入れ込むタンス(入居後に購入)についてのアドバイス

・カウンターの幅間違いで要らなくなった板や最終的に使わなかった

各種木材を頂ける事になったり→主人のDIYに今でも利用させて貰ってます!

カウンターの補強板の相談、取り付け

ドアストッパー、外用物干し竿の外壁への取り付け

などなど・・・。棟梁さんや工務の方には、本当にここに書いていない以上のことを

教えて頂いたり、対応して頂いたりしました。

上記のこと全て、作業工程表とにらめっこしながら

要所要所(と、それ以外の日)も日々足を運んでラインで

コミュニケーションを図った賜物かなぁと自画自賛(笑)しています。

 

おわりに

今思いつく限り、建築中にあったたくさんの出来事を書きましたが

何人もの人が関わって家づくりをして下さっていること

全ての人が一同に集まっての打ち合わせは なかなか出来ないこと

前提としてあるので

最終的には施主が自分の目で見て考えて、現場へ伝えることがとても大切だと思います!

忙しかったり遠い土地で建築されている方もいるかもしれません。

そういう時は、ハウスメーカーさんや現場の方とたくさん話して

たくさんのことを教えてもらってください!

現場に行ける方は、今しかない時間を楽しんでください

私は、入居した後にもいろんなことを思い出して楽しい日々を過ごしています

みなさんも、素敵な建築過程をお過ごしくださいね

 

では、読んでくださってありがとうございました!!

コメント