照明のこだわり!調光機能やレールライト・ダウンライトで快適な生活♪

こんにちは、れもんです。

今日は我が家の照明計画についての記事です。

主人がこだわって家づくりの最初から希望していた調光機能があるリビングについてお話させていただきますね。

照明の一般的な種類について

我が家ではパナソニックのリビングライコンシリーズをリビングに採用しました。

リビング以外の部屋はハウスメーカー標準仕様のKOIZUMIを採用しました。

(リビングは主人が調光機能がある照明を希望したため全て持ち込みになりました)

 

一般的な照明と言っても多くの種類がありますよね。

  • ペンダントライト…チェーンやコードで吊り下げる照明(主にダイニングで使用)
  • ブラケット…壁面に取り付ける照明、明るさ感や華やかさが増す効果がある
  • シーリングライト…天井に取り付ける一般的な照明器具
  • ダウンライト…天井に埋め込み下面を照らす照明
  • スポットライト…集光性が強く、部分的に明るくしたい場所に使用
  • 吹き抜け灯…広い空間を華やかに演出するあかり
  • 足元灯…足元だけを照らすあかり(夜の廊下など)

その他、シャンデリアやスタンドライト・門灯やガーデンライト・ポーチライトなど

きっと用途別に考えるともっとたくさんの照明があるのではないでしょうか?

それだけに悩む方は多いと思います。

照明の見え方の違い

みなさんの照明に対するこだわりにはどういうものがありますか?

照明は単に家の中を明るく照らすだけではなくなっています。

照明は光の色強さ向きを変えることで以下の写真のように変化します。

勉強などに使う昼白色のあかり

一般的な蛍光灯の色ともいえるので普段の生活でも目にしやすいですね。

 

 

 

料理を彩る電球色の照明(やや赤めの温かみのある明かり)

昔でいう白熱灯のようなオレンジ色の雰囲気に近いですね。

残念ながら写真ではイメージが伝わりにくいですが喫茶店のような雰囲気に近いかな?

 

 

テーブルにスポットをあてて周囲はやや暗めなバーのような雰囲気電球色をさらに暗くしたような明かり

お酒が好きな人はこういうのもいいと思います。我が家ではほぼ使うことは無いですが、記念日とかにはいいですね!

撮影はもちろん自宅で、あるものでやってみました。

 

 

また

  • 吹き抜けに上向きの照明をあてて広さを演出
  • 就寝中にほのかに壁や足元に照明を付けて夜中トイレに行くのに明るい照明をつけなくてよいなど雰囲気&保安灯の機能
  • 好きな写真や絵画にスポットライトをあてて画廊のような雰囲気

など照明をシーンによって切り替えると同じ部屋でもいろんな表情を演出が出来てしまいます!

ショールームを見て思ったこと

私たちがまだショールームを回っていたころほとんどのハウスメーカーは

  • キッチンにはダウンライト
  • ダイニングにはペンダントライト
  • リビングにダウンライトや間接照明やフロアライトなど

複数の照明を使いおしゃれに演出をしていました。

そんなショールームの照明を見て私たちが思ったのは

「照明がかっこいいのはいいことだけど、掃除が大変そう。」でした。

出っ張りが多いとその分拭く場所が増えるのです。

そして、それは我が家の楽ちんな家のコンセプトに反していました!

我が家の照明選びとコンセプトは・・・

そういうこともあり、我が家での照明選びは、シンプル&カッコイイを基本に決定しました。

シーズン、用途、時間帯、シーン、レイアウト、生活スタイルが変わっても困らない汎用性を重視しております。

基本的には

  • LDKはダウンライト
  • 和室は和風のシーリングライト
  • 玄関ホール、廊下、トイレ、洗面所はダウンライト
  • 洋室の2か所は将来子供が、老後の自分たちが変えられるようにシーリングライトを付けられるようにしてもらっております。
  • 家の外部は玄関ポーチ、庭、勝手口、お風呂側の4か所に作っております。

我が家でこだわった部分はやはり、リビング

ホームシアターの関連がここでも顔を出してきます。

ぱっと見ではシンプルな形になっておりますがシーン(状況)を切り替えることが出来るスイッチを採用しました。

 

調光のシーンは実際どんな感じ?

同じ時間に同じ場所から撮影してますが、壁のスイッチを押すとこのように各種シーンに切り替わります。

これは外が明るいから大きな違いを感じませんが、夜間などは雰囲気が大きく変わります!

詳細はシアターの記事で今後記載します

 

もう1つのオススメな照明【レールライト】

f:id:shaconne1:20180716071431j:plainまた、こういう照明も採用しました。

これはよく店舗などで利用されるものでレールライトといいます。

キッチンの照明は標準仕様では細長い蛍光灯一本だったのですが、それだけではどこまで明るくなるか分からず、ダウンライトを数ヶ所設置しようか迷っていた時に

このレール上であればどこにでも照明を移動でき、レールをキッチンの歩くスペースの真上にすればその範囲は入居してから調整できる。そして照明の数も追加可能」と主人が提案してくれました。

 

照明の向きも自由に変えられるので、手元を直接照らすのではなく、壁や天井を照らすことも可能です。

我が家では写真のように1つはプリザーブドフラワーのブーケをライトアップしています。

残りはキッチンの壁(間接照明)、IHとシンクの間の作業スペースに配置しています。

廊下は照明と間取り、動線のキモ

最後に我が家の間取りの敵、廊下です。

f:id:shaconne1:20180716073102j:plain

なぜ敵なのか。図面の時点で分かっていたことではありますが、家の形が真四角で平屋であれば付きまとう可能性が高い、

廊下の存在とその暗さ。

我が家でも同じですが、基本廊下の移動など数秒。そのための照明は最低限ダウンライトを1つ付けてはいますが、照明を使用するのは就寝前の一時間前後。用途は入浴、着替え、歯磨き、トイレが集中するからです。

夜中に起きてトイレやリビングに行くときは、写真にあるようにフットライトを付けたので廊下の照明をつけて完全に目が覚めることないよう、でも最低限見えるように配慮しました。これは大正解でした!

フットライトは廊下の二口コンセントの1つを使っています。もともとコンセントは1つで良かったのでこの点でも大満足です!

 

ここまで廊下に触れていなかったのでついでに説明しておくと、そもそも基本的な考えとしては廊下は無駄な床面積になってしまうので採用せず、リビングと各部屋を扉一枚で仕切ることも考えていました。

しかし、

  • リビングとトイレの出入りとその視線。
  • 寝室からトイレの行き来にリビングを通り、リビングの明るさで目が覚めてしまわないか。
  • ホームシアターや書斎での物音が扉一枚、または壁一枚で仕切られ寝ている人に迷惑ではないか?

を考慮にいれて、廊下は必要と判断し最低限の広さにしました。

 

照明の失敗談

最後に失敗談ですが、玄関ポーチの照明計画について。

我が家は駐車場から玄関までが6mほど離れています。

なので、駐車場に車が入ったら玄関ポーチの照明がつくようにセンサー付きのポーチライトにしたのですが、センサーは玄関土間の階段部分からしか反応しないようで・・・帰宅時が日没過ぎていたら(冬場は特に)ポーチまでの少しの道のりは足元が暗いままです。

そんな中、バッグを持って、子供を連れて、玄関でカギを開けるのも面倒です。

今は街灯がついているのでまだ大丈夫なのですが、近隣に住宅が建ったりして街灯の位置が変わってしまったら今よりもっと暗くなりそうで心配しています。

こんな風にならないようにきちんとした打ち合わせをしてたつもりだったのですが。。。

皆さんも外の照明はセンサーの反応範囲や実際の外構イメージと併せてのシュミレーションを綿密に行ってみてください^^

 

以上、我が家の照明計画でした!

読んでくださって、ありがとうございました。

コメント